[ 分類(〔99/01〕土浦・水郷都市の面影をたどる)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(〔99/01〕土浦・水郷都市の面影をたどる) | 地域(*川口二) | 撮影日(1999/01) | 登録日(1999/02) ]

〔99/01〕土浦市川口二丁目

分類: 〔99/01〕土浦・水郷都市の面影をたどる 地域: 土浦市川口二丁目
(登録日: 1999/02/01 更新日: 2021/01/03)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページのデータはCCライセンス4.0で提供されています。


→画像表示 [ Lサイズ ]
撮影日: 1999/01/16 土浦市川口二丁目

新川から土浦港湾(旧川口川河口域)にかけての区画は、現在は土浦市川口二丁目という住居表示になっています。湖岸の川口運動公園にかけてのこの辺は昔は岡本埋立地という呼び方がされていたようです。さらにその昔は湿地帯もしくは霞ヶ浦の流域だったのでしょう。新川の河岸にある川口ポンプ場は、川口川が埋め立てられる以前は、川口川の水を新川に排出する目的を持っていたようですが、現在はどのような役割を持っているのでしょうか。

港橋の西側(土浦駅側)は現在は埋め立てられ、もはや橋ではなくなった港橋が橋の形状を残したまま現在に至っています。1980年代まで土浦港湾はこの港橋を越えて、土浦駅構内に入り込んでいました。土浦市営駅東駐車場(立体駐車場)の現在地が港湾になっていました。この企画「〔99/01〕土浦・水郷都市の面影をたどる」では、これから旧川口川の川筋をたどっていきます。この港橋辺りが旧川口川の流れ出る霞ヶ浦の入り江の最上流域になります。
 

映像クリップ

(11件)
01 新川、天王橋 02 ポンプ場と新川の間 03 土浦市川口ポンプ場 04 土浦駅東口前の通り
05 沿道のマンション 06 港橋の手前 07 右が川口川閘門跡 08 港橋#1
09 港橋#2 10 港橋#3 11 港橋#4

[ 分類(〔99/01〕土浦・水郷都市の面影をたどる)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(〔99/01〕土浦・水郷都市の面影をたどる) | 地域(*川口二) | 撮影日(1999/01) | 登録日(1999/02) ]
[ ホーム| | XREF目次 ]
[ かすみがうら*ネット ]
グーグル サイト内検索
[ LinkData『マッピング霞ヶ浦*』ページ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]