[ 分類(〔17/01〕新春の霞ヶ浦)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(〔17/01〕新春の霞ヶ浦) | 地域(霞ヶ浦圏) | 撮影日(2017/01) | 登録日(2017/01) ]

「〔17/01〕新春の霞ヶ浦」について


分類: 〔17/01〕新春の霞ヶ浦 地域: 霞ヶ浦エリア
(登録日: 2017/01/03 更新日: 2021/01/03)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページのデータはCCライセンス4.0で提供されています。

霞ヶ浦と筑波山は文化である


撮影日: 2017/01/02 茨城県

子どもの頃に描く風景画は霞ヶ浦と筑波山でした。この地域ではそれぐらい霞ヶ浦と筑波山はシンボリックでかつ記号的なものでした。こういう無意識の擦り込みこそ文化ではないかと思います。

富士山を見るとき、「あ、富士山だ」と全国の誰もが思うように、つまり富士山が日本国民に共有されているシンボルであるように、地元の人々にとって霞ヶ浦と筑波山は無意識に、あるいはオートマティックに描くイメージの源泉です。世界文化遺産「富士山」になぞらえれば、芸術の源泉としての「霞ヶ浦と筑波山」です。自然であると同時に文化です。
 

20年前の記憶


撮影日: 1997/01/03 かすみがうら市安食

『マッピング霞ヶ浦*』を始めようと思ったトリガー(誘因)は、1997年の正月に目にした霞ヶ浦の風景のインパクトです。この日は風が強く、とりわけその風と寒さが記憶の中にある霞ヶ浦の記憶を引き出すトリガーとなりました。早いものであの日から20年が経ちます。そこで、20年前の画像(記憶の記録)を引き出してきてみました。

同じ風景を撮っていながらあまりにその表情が違います。そのような対比も感じながら文化としての「霞ヶ浦と筑波山」を捉えなおしてみたいと思います。

参考:
☆マッピング霞ヶ浦*/撮影日目次/1997年1月
 

映像クリップ:1997/01/03の霞ヶ浦

(4件)
01 「〔17/01〕新春の霞ヶ浦」について 02 「〔17/01〕新春の霞ヶ浦」について 03 「〔17/01〕新春の霞ヶ浦」について 04 「〔17/01〕新春の霞ヶ浦」について

[ 分類(〔17/01〕新春の霞ヶ浦)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(〔17/01〕新春の霞ヶ浦) | 地域(霞ヶ浦圏) | 撮影日(2017/01) | 登録日(2017/01) ]
[ ホーム| | XREF目次 ]
[ かすみがうら*ネット ]
グーグル サイト内検索
[ LinkData『マッピング霞ヶ浦*』ページ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]