[ 分類(町誕生)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(町誕生) | 撮影日(/) | 登録日(1997/04) ]

かすみがうら市(旧霞ヶ浦町)と町制施行

分類: 霞ヶ浦町誕生の記録
(登録日: 1997/04/06 更新日: 2023/01/03)


地元の「茨城新聞」でも、かすみがうら市(旧霞ヶ浦町)誕生が報道されました。

茨城県新治郡出島村は、1955年、美並村、志士庫村、安飾村、佐賀村、牛渡村、下大津村の6村が合併してできた村でした。出島村は、1997年4月1日、町制施行により「かすみがうら市(旧霞ヶ浦町)」となりました。

町の新しい名称は、町民から応募され、最も希望の多かった「霞ヶ浦」が町名に選ばれました。町のアイデンティティでもある湖・霞ヶ浦の名称が町民の合意で町名に選ばれたことを、私もうれしく思っています。

このページが新しい町・かすみがうら市(旧霞ヶ浦町)のご理解に役立てば幸いです。

かすみがうら市(旧霞ヶ浦町)

  • 特徴 霞ヶ浦の水に育まれた風土と文化
  • 主産業 農業、水産業、工業
  • 人口  19,290人 (96/12/31現在)
  • 町の発展
    1987年の霞ヶ浦大橋開通によりアクセスが便利に
    21世紀へ向けた都市的基盤の整備

  •  


    [ 分類(町誕生)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(町誕生) | 撮影日(/) | 登録日(1997/04) ]
    [ ホーム| | XREF目次 ]
    [ かすみがうら*ネット ]
    グーグル サイト内検索
    [ LinkData『マッピング霞ヶ浦*』ページ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]