[ 分類(今は昔を物語る)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(今は昔を物語る) | 地域(*井関) | 撮影日(1997/05) | 登録日(1997/06) ]

石岡市・八木の干拓

分類: 今は昔を物語る 地域: 石岡市井関
(登録日: 1997/06/23 更新日: 2021/01/03)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページのデータはCCライセンス4.0で提供されています。


撮影日: 1997/05/05 石岡市井関・八木



石岡市井関から石川にかけては直線上の湖岸線が延びています。この湖岸の田圃は、八木干拓地です。八木干拓事業は、1921年(大正10年)に着工し、1930年(昭和5年)に竣工しました(面積約60ヘクタール、レイモン・アザディ『霞ヶ浦の系譜』による)。高浜入では、八木干拓に少し遅れて、高浜三村干拓(1925年〜、約126ヘクタール)の工事も行われています。高浜入は水深が浅く、流域の出口が狭いことから干拓地に適しており、1960年、農林省が高浜入干拓計画を発表し、その後、昭和40年代に干拓事業が推進されかけようとしていたことがあります。今になってみれば、高浜入干拓事業が中止されたことは幸いでした。幻の高浜入干拓については、機会を改めてご紹介することにしましょう。
 


[ 分類(今は昔を物語る)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(今は昔を物語る) | 地域(*井関) | 撮影日(1997/05) | 登録日(1997/06) ]
[ ホーム| | XREF目次 ]
[ かすみがうら*ネット ]
グーグル サイト内検索
[ LinkData『マッピング霞ヶ浦*』ページ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]