[ 分類(〔97/08〕石岡・古代都市の面影をたどる)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(〔97/08〕石岡・古代都市の面影をたどる) | 地域(*府中) | 撮影日(1997/08) | 登録日(1999/12) ]

〔97/08〕国分寺・満州事変紀念物

分類: 〔97/08〕石岡・古代都市の面影をたどる 地域: 石岡市府中
(登録日: 1999/12/21 更新日: 2021/01/03)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページのデータはCCライセンス4.0で提供されています。


→画像表示 [ Lサイズ ]
撮影日: 1997/08/15 石岡市府中五丁目・国分寺

国分寺・薬師堂の側に「護国忠魂碑」が立っています。護国忠魂碑はさまざまな寺社仏閣の境内に残っていますが、常陸国分寺のように、お寺さんに忠魂碑があるのは少し珍しいのではないでしょうか。また忠魂碑の前には、「満州事変紀念」物が鎮座していて、目を引きます。戦争の記憶が、このように残っていることは当時の時代背景を我々に想起させてくれます。まるでタイムカプセルのように存在していました。

この忠魂碑の片隅には、さらに「大師堂薬師堂修繕記念碑」が立っています。現在の常陸国分寺にある弘法大師堂、薬師堂の背景が少し見えてきました。記念碑の裏には、「昭和二十九年五?月…建之」とありますので、高浜町と合併した石岡町が市政を施行して間もない頃(市政施行は1954年2月)に立てられたことがわかります。
 

映像クリップ

(17件)
01 忠魂碑の前 02 「護国忠魂碑」 03 「満州事変紀念」 04 記念物#1
05 記念物#2 06 記念物#3 07 記念物#4 08 記念物#5
09 記念物#6 10 忠魂碑の片隅 11 薬師如来・側面 12 境内
13 「大師堂薬師堂…」 14 「…修繕記念碑」 15 「昭和二十九年…」 16 庭園
17 寺務所

[ 分類(〔97/08〕石岡・古代都市の面影をたどる)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(〔97/08〕石岡・古代都市の面影をたどる) | 地域(*府中) | 撮影日(1997/08) | 登録日(1999/12) ]
[ ホーム| | XREF目次 ]
[ かすみがうら*ネット ]
グーグル サイト内検索
[ LinkData『マッピング霞ヶ浦*』ページ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]