[ 分類(帆曳き船)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(帆曳き船) | 地域(*志戸崎) | 撮影日(1997/08) | 登録日(1997/08) ]

帆曳き船


分類: 帆曳き船 地域: かすみがうら市志戸崎
(登録日: 1997/08/20 更新日: 2021/01/03)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページのデータはCCライセンス4.0で提供されています。


撮影日: 1997/08/17 かすみがうら市志戸崎・霞ヶ浦三又沖



これは、かすみがうら市(旧霞ヶ浦町)の観光用帆曳き船です。白帆に風をはらんだ様には霞ヶ浦ならではの風情があります。かつて霞ヶ浦の湖上を彩った数多くの帆曳き船は、漁業がトロール漁法に変わった1960年代に急速に姿を消しました。帆曳き網漁の最盛期には900隻があったと言います。現在は観光用の船しかなくなりました。

帆曳き船は、明治10年代、当時の旧・坂村(現在のかすみがうら市坂)の折本良平によって考案され、霞ヶ浦におけるワカサギ・シラウオ漁の花形として活躍しました。私の幼少時代には数は少なくなりましたが、それでも1960年代後半にはまだ見ることができました。湖上に繰り出した帆曳き船の姿は美しく、今でもその光景が脳裏に甦ってきます。
 

[ 分類(帆曳き船)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(帆曳き船) | 地域(*志戸崎) | 撮影日(1997/08) | 登録日(1997/08) ]
[ ホーム| | XREF目次 ]
[ かすみがうら*ネット ]
グーグル サイト内検索
[ LinkData『マッピング霞ヶ浦*』ページ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]