[ 分類(〔09/01〕高浜入をめぐる)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(〔09/01〕高浜入をめぐる) | 地域(霞ヶ浦圏) | 撮影日(2009/01) | 登録日(2009/01) ]

「〔09/01〕高浜入をめぐる」について


分類: 〔09/01〕高浜入をめぐる 地域: 霞ヶ浦エリア
(登録日: 2009/01/09 更新日: 2021/01/03)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページのデータはCCライセンス4.0で提供されています。


→画像表示 [ Lサイズ ] [ オリジナル ]
撮影日: 2009/01/01 行方市


この企画のねらい


2009年の元日は車で霞ヶ浦の高浜入(たかはまいり)をほぼ一周してみました。デジカメの性能もよくなり、日頃、使っている12メガピクセル(1200万画素)のデジカメで湖岸の風景を数百枚撮ってきました。そのほぼ全てを掲載します。

振り返ってみれば、『マッピング霞ヶ浦*』を始めたのが1997年1月。我が故郷でもある霞ヶ浦に私が主にアクセスするのが正月になるのはやむを得ない状況です。しかし正月の霞ヶ浦は晴天に恵まれることが多く、空気も澄んで視界がクリアです。この日のように筑波山が遙か彼方にくっきりと見え、しかも山肌まではっきりと肉眼で捉えられることもあります。往々にして風が強いことは玉に瑕です。この日は晴天ながら風が強い一日でした。その恩恵で波打つ霞ヶ浦の荒涼とした風景を生け捕りにすることができました。

1997年1月当時、映像はHi8ビデオカメラを使っていました。このサイトにはビデオ映像から抽出した静止画を使いました。現在はハイビジョンハンディカムとデジカメ(12メガピクセル)です。メディアの進化には著しいものがあります。同じ時間を使って伝えることのできるもの、ことが当時とは激変しました。本当はもっと美しく映像を撮りたかったのですが、時間も限られていたこと、風が強かったことなどから美しく撮ることは断念し、サンプリング数を稼ぐことで割り切りました。
 

変貌しつつある湖岸環境


→画像表示 [ Lサイズ ] [ オリジナル ]
撮影日: 2009/01/01 行方市



今回、久しぶりに高浜入を一周しました。全部を巡ってみて気づいたことは、湖岸環境に土木工事が介入していたこと。ご覧の通り、堤防の道が舗装され立派になりました。でこぼこだった一昔前の道路がまるでウソのようです。さらに、岸辺には土が盛られ、その先には波消堤が築かれ、さらには浚渫事業の土の受け入れ先や浚渫土を送るためのパイプラインが敷設されたりしていました。

霞ヶ浦は、自然である以前に、某省の権益を守るための事業行使の場と化している印象を強く抱きました。こうした状況を多くのサンプル画像から垣間見ていただくことができます。
 
[ 分類(〔09/01〕高浜入をめぐる)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(〔09/01〕高浜入をめぐる) | 地域(霞ヶ浦圏) | 撮影日(2009/01) | 登録日(2009/01) ]
[ ホーム| | XREF目次 ]
[ かすみがうら*ネット ]
グーグル サイト内検索
[ LinkData『マッピング霞ヶ浦*』ページ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]