[ 分類(霞ヶ浦*の歴史)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(霞ヶ浦*の歴史) | 地域(*高浜) | 撮影日(1997/05) | 登録日(1997/05) ]

奈良時代の高浜

分類: 霞ヶ浦*の歴史 地域: 石岡市高浜
(登録日: 1997/05/23 更新日: 2021/01/03)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページのデータはCCライセンス4.0で提供されています。


撮影日: 1997/05/05 石岡市高浜・恋瀬川・愛郷橋付近



『常陸国風土記』は、「流海(霞ヶ浦)」についてはあまり触れていませんが、高浜についての言及は目を引きます。

「郡役所の西南のかた、近いところに河がある。信筑(しづく)の川という。水源は筑波の山から出て西から東へ流れて、郡の中を経めぐって高浜の海に流入する。」

「信筑の川」とは今日の恋瀬川のことです。現在の石岡市高浜は当時は海底だったと思われますので、どのような地形か想像しにくいところがあります。

「花かおる春のよき日には駕(のりもの)を命じて出向き、木の葉散りしく秋の涼しい候には舟に乗って遊ぶ。春はすなわち浦の花は千々に咲きみだれ、秋は是れ岸の黄葉百(もも)に色づく。[春ともなれば]歌をうたう鴬を野のほとりに聞き、[秋ともなれば]舞をまう鶴を海べのなぎさにみる。農夫の子と海人の娘は砂浜を逐いはせて群れつどい、商人と農夫は小舟に棹さして行き交う。」

「詠われている歌にいう、

 高浜に 来寄する浪の
 沖つ浪 寄すとも寄らじ
 子らにし寄らば

またいう、

 高浜の 下風(したかぜ)騒(さや)ぐ
 妹(いも)を恋ひ 妻と云はばや
 しことめしつも」

引用文献:『常陸国風土記』(『風土記』吉野裕訳、平凡社、1969年)
 

[ 分類(霞ヶ浦*の歴史)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(霞ヶ浦*の歴史) | 地域(*高浜) | 撮影日(1997/05) | 登録日(1997/05) ]
[ ホーム| | XREF目次 ]
[ かすみがうら*ネット ]
グーグル サイト内検索
[ LinkData『マッピング霞ヶ浦*』ページ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]