[ 戻る| ←← | →→ ]
〔99/01〕土浦高架道下の高田保像01

高田保顕彰碑・碑文

分類: 〔99/01〕土浦・水郷都市の面影をたどる 地域: 土浦市川口一丁目
(登録日: 1999/04/08 更新日: 2023/01/03)



土浦市川口一丁目・高田保顕彰碑




高田保顕彰碑・裏面の碑文



不朽の名著といわれる随筆「ブラリひょうたん」を、高田保は、もう随筆しか書けない状態の病床で、服務百回の予定が、好評のため五百二十八回まで新聞紙上に書き続け、ついに没した。

 明治二十八年三月二十七日、土浦小学校前に生まれ、土浦中学(現土浦一高)、早稲田大学を卒業後、東京に出て、戯曲・小説・随筆・脚本・演出等に活躍して、才人の名をほしいままにした。戦中大磯町に移り、そこに十年住み、町民に敬愛されて、没後、高田保公園及び文学碑を贈られた。

 土浦を第二の故郷とする高田保の生誕百年を記念し、ここに市民の手によって顕彰碑が建立された。

 高田保顕彰碑建立実行委員会会長
「土浦文学」会長 
          榊原 勝

[ 戻る| ←← | →→ ]
[ 分類(99/01土浦)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(99/01土浦) | 地域(*川口一) | 撮影日(1999/01) | 登録日(1999/04) ]
[ ホーム| | XREF目次 ]
[ かすみがうら*ネット ]
グーグル サイト内検索
[ LinkData『マッピング霞ヶ浦*』ページ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]