[ 分類(〔97/08〕石岡・古代都市の面影をたどる)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(〔97/08〕石岡・古代都市の面影をたどる) | 地域(*府中) | 撮影日(1997/08) | 登録日(1999/12) ]

〔97/08〕常陸国分寺・七重塔心礎石

分類: 〔97/08〕石岡・古代都市の面影をたどる 地域: 石岡市府中
(登録日: 1999/12/21 更新日: 2021/01/03)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページのデータはCCライセンス4.0で提供されています。


→画像表示 [ Lサイズ ]
撮影日: 1997/08/15 石岡市府中五丁目・国分寺

説明がないと、この石が何物か見当もつきませんね。この石は、調査の結果、常陸国分寺の七重塔の礎石であることが明らかにされました。常陸国分寺跡は何度も調査が行われ、1972年(昭和47年)の調査によって、国分寺の伽藍がほぼ明らかにされたと言います。

「これらの主要伽藍の一夜おおよその規模は明らかにされたが、現国分寺に残る巨大礎石の七重塔の位置については、依然不明である。」(川井正一「常陸国府の誕生」、『常府石岡の歴史』、石岡市教育委員会、1997年、pp.50-53)

水戸の茨城県立歴史館には、常陸国分寺跡の調査に基づいた模型が展示されています。国分寺については『常設展示解説 茨城の歴史をさぐる』(茨城県立歴史館、1992年)でも解説されています。常陸国分寺、そして七重塔はできれば、このような模型でなく、実物と同じに復元して欲しいと思うのは、私だけではないでしょう。
 

映像クリップ

(6件)
01 「七重の…」 02 「…塔心礎石」 03 七重塔心礎石#1 04 七重塔心礎石#2
05 七重塔心礎石#3 06 七重塔心礎石#4

[ 分類(〔97/08〕石岡・古代都市の面影をたどる)へ戻る | ←← | →→ ] [ 分類(〔97/08〕石岡・古代都市の面影をたどる) | 地域(*府中) | 撮影日(1997/08) | 登録日(1999/12) ]
[ ホーム| | XREF目次 ]
[ かすみがうら*ネット ]
グーグル サイト内検索
[ LinkData『マッピング霞ヶ浦*』ページ一覧マップを見るRDF(Turtle)RSS1.0形式テーブルデータ(TEXT) ]